【タワレコ】店内イベントの参加手順

タワレコで行われるイベントの参加手順

こんばんは。
7月は大学の試験期間とも重なり、更新が滞っておりました。

7月17日に元さくら学院7代目生徒会長山出愛子ちゃんの「夏の恋の終わり」が発売開始となりました。
3rdシングルになるこの曲は初の恋愛ソングです♪

この度、初めてタワーレコードで行われるイベントに参加してきたのでメモ程度に参加手順と愛子ちゃんのイベントの模様を綴りたいと思います。

タワレコでCDを買って引換券をゲットしよう!

7月27日に大阪のタワーレコード、梅田NU茶屋町店でも愛子ちゃんのリリースイベントが開催されると聞いてCDの購入はタワーレコードさんの店頭予約を利用しました。

イベント情報を確認し、引換券を貰うことのできる店舗を指定しましょう。

発売翌日の7月18日。
私は予約していたCDの受け取りに行きました。


今回のニューシングルと特典PHOTO BOOK

イベント参加引換券は先着順になるため7月17日当日に引き取りに行けず心配していましたが、全然大丈夫でしたね。これは東京とかだとすぐに無くなるかもしれないので注意。

タワレコのイベントに参加するのが初だったので引換券は店員さんに言わないと貰えないものだと思って気構えて受け取りをしに行ったのですが、店員さんから自動的に渡されるんですね。

これじゃ行くつもりがない人、行きたくてもいけない人にも引換券が配られていることになりますから、申告制にした方が行きたい人が少しでも多く行けるようになると思うんですけどね。


CD受け取りと共に入手した「イベント参加引換券」

それはさておき、無事引換券を入手することができたので7月27日に参戦です。

当日になったら早めに店舗へ!

7月27日。
この日は台風が接近しており、天候が不安定な状況でした。

早くに引き換えが打ち切られることも!?

12時30分から入場開始なのでテストを解き終わったと共に速攻で大学から出て電車に飛び乗り、12時過ぎには梅田に到着。タワレコに直行しましたが既に「整理番号付イベント参加券」への引き換えは終わっていました。

一応会場までは交換をすることが可能だと引換券には記載されていましたが、ある程度人が集まった段階で引き換えを終えてしまうようなのでなるべく早めの到着がオススメですね。

でも大丈夫。

参加券に交換済みの人が優先にはなりますが、引換券でも参加することができます。

入場

入場場所は人が群がっているので大体分かります。
馴染みのあるアーティストのイベントなら大体ファンの格好とかで分かると思います。

時間になるとタワレコの店員さんが参加券の整理番号を読み上げます。
一桁から100番台まであるのですが、結構いない人が多い。

それだけ整理券だけもらって参加券に引き換えていない人が多いということです。
これはアーティストや開催店舗によって変わってくると思います。

だいたい今回のは40人くらいでしたかね…。
思ったより少なかったです。


様々なアーティストのサインで埋め尽くされたライブ会場

入場から30分後に開始なのでそれまで気分を高めます。

開演(ここからは愛子ちゃんの話)

13時になり愛子ちゃんが出てきました。
イベント中は撮影禁止なので画像はありません。

7月17日の発売以降、7月20日に東京渋谷のタワーレコードでリリースイベントを実施、7月25日には地元鹿児島で開催された第47回MBC夏まつりに出演して忙しく活動をしていた模様。この他にも取材もあったようなので大変だったと思います。

午後の開催だったのでてっきり当日の新幹線で大阪入りしたものだと思っていたのですが、前日の26日に大阪に来ていたようですね。

勿論歌声も楽しませて貰ったのですが、トークが楽しかったです。

特に新幹線の中で明太子味のさきいかを食べて美味しいと思っておかわりしようと思ったんだけど、眠たくなっちゃって結局ワゴンを止められなかった~というエピソードは何とも微笑ましいなぁと。


今度山陽新幹線に乗ったら買ってみようと思います。愛子ちゃん絶賛のさきいか。
東海道新幹線の方が乗るからいつになるか分かりませんが笑

大阪に来たけど忙しくて全然大阪名物食べられていないんですよ~と嘆いていたけど、イベント終了後にTwitterにたこ焼きの写真がアップされていて安心。

肝心の歌の方ですが、連日歌いまくっているのにブレない歌声でした。ちょっと高音きつそうな場面もあったけど、年下の子がこんな堂々と歌っているのを見て尊敬しながら見ていました。


「夏の恋の終わり」リリースポスター

夏の恋の終わりは初めての恋愛ソング。
彼女のファンは「去年の夏何があった!?」と心配した人も多かったとか笑

でも大丈夫。失恋を”想像しながら”作ったんだって。

それとCDでカバー曲として収録されている松田聖子の「瑠璃色の地球」。
意外なところをぶっ込んできたなという感じですが、武藤先輩のように昭和歌謡も歌ってくれるとオールドソング好きには嬉しいなぁ。

その他にも数曲披露。

私の好きなChoice歌ってくれるかな?と思いましたが、残念ながらそれは無かったです。
あっという間に40分ほどのライブが終了。

大きいホールも迫力があって良いのですが、小さい箱は何より距離が近いのがGood!
愛子ちゃんと数回目が合ってドキュンと胸が撃たれたわww

8月17日にも東京の単独ライブに参加する予定ですが今から楽しみですね。

秋頃にまた関西で愛子ちゃんのイベントがあるかも的なことを匂わせていました。
「大阪、また来てや~(*^o^*)」