【難波】落ち着かない雰囲気の大阪王将

グルメ日記第2回「大阪王将-なんば御堂筋店-」

こんばんは。
意外と前回の初回記事にアクセスを頂いているようで、ありがとうございます。
個人的にはカメラ記事の方が反響あると思ったんですけどね(汗


今回の舞台は難波


今回は難波。鉄道ファン的には近鉄と阪神の大阪難波駅のイメージが強い場所です。
難波と言えばグリコ。そしてどの時代もお騒がせスポットになっている道頓堀川。

YouTuberが騒いだりする場所です。新元号切り替えの時にはダイブする人もいました笑


店内の雰囲気は??


お店の前の通りはひっきりなしに人が行き交っています。
持ち帰り用の窓口も設置されています。

店内は狭く、1階はカウンター席で構成されています。
東南アジア系の外国人の店員さんがいたり外国人労働者が多い印象でした。

客層は日本人の一人客(私を含め)や外国人の団体観光客が目立ちました。20時台というちょっと遅い時間帯にも関わらず、満員の状態になっていました。

観光客が団体で入店しようとするので、事情を説明しようと店員さんが躍起になっているのが印象的でした。英語を話すことのできる店員さんがどうやら少ないようで、喋ることのできる店員さんに助けを求めているスタッフさんもいらっしゃいました。

そんな感じでバタバタした店内だったというのが総括です。

ちなみに2階席もあり、急な階段を上る必要があります。
食べ物は簡易的なエレベーターにて厨房から送られるシステムになっています。


餃子定食を注文


私が食べたのは定番メニューの「餃子定食」。税別で825円になります。
記憶が曖昧ですが、米は大盛りにしてもらったはずです。

餃子は勿論ですが、唐揚げもカリカリで美味しかったですね。
流石本場の大阪王将とだけあって内容自体は満足でした。

しかし、道民としては「みよしの」も全国展開して欲しいところ。


難波で気軽に入ることのできるチェーン店


難波のような繁華街は飲食店が数多くありますが、急いで食べたいときはやはりチェーン店が一番気楽。ファーストフードで済ますのは味気ないけど、店調べる時間ねぇ!って時に餃子店はピッタリなものです。

ただ需要に対して供給が追いつけていない印象があり、カウンターで食べていても後ろを常に人が行ったり来たりしている感じで気は休まりませんでした。

流石に食べた後にのんびり水を飲んで居座るのも迷惑だろうと思い、早めに店を出てきました。難波の大阪王将にはもう一つ「なんば千日前店」があるので、機会があればそちらもレビューしてみたいですね。

それでは今回はこの辺で。


DATA

訪問日:平成31年4月13日
店名:大阪王将 なんば御堂筋店
住所:大阪府大阪市中央区道頓堀1-9-13
電話番号:06-6212-1040
営業時間:11:00~29:00
定休日:無休
駐車場:無し

コメントお待ちしております。是非ぜひ、お寄せください。

ツイッターは頻繁にチェックしておりますので最新情報はそちらから…。
のんpapa様のJHB情報・車両表トップページ
のんpapaさんによる「2019年度JHB新車情報」