【ジェイ・アール北海道バス】2017年度ダイヤ改正

こんばんは。
春のダイヤ改正がとうとう明日になりました。
今回は廃止路線が少なく増便・路線経路変更が多い印象です。

では早速、今回のダイヤ改正内容についてお伝えします。



東方面・西方面の改正内容が書かれた報知用のポスター

~廃止系統~
・新14系統(もみじ台団地⇔青葉町⇔新札幌駅)厚別営業所管轄

平日の朝4便、上りのみ運行されていたもみじ台団地から青葉町回りで新札幌駅に向かう新14系統がこの度廃止されることとなりました。

地元市民から地元説明会開催を働きかけてほしいという意見が札幌市に寄せられていたようですが、この回答文にも書かれているように当該路線のみの停留所(もみじ台南7丁目・もみじ台南3丁目)の利用客が少ない上、北海道中央バスが運行する白29系統が代替路線として利用できるとして新14系統の役目は実質無いものとなってました。こういった路線の廃止はやむを得ないものだと管理人は思っております。今回の路線廃止によって一般路線が通らなくなる上記の2停留所ですが、今後もスクール便の一部が通るため停留所廃止は行われないものと見ています(※新ダイヤから当該停留所の名は消されている)。
・大36系統(大谷地ターミナル⇔長沼高校前)長沼営業所管轄

大34系統の延長運行として平日朝下り1便のみ設定されていた長沼高校前行が姿を消すこととなった。終点の一つ前、長沼東町まで行く系統は他にもあるので存在意義があまり無かったのだろう…。
・54系統(札幌駅前⇔長生園前)琴似営業所管轄
市電・市バス時代から存在してきた停留所、「長生園前」がとうとう姿を消すこととなった。この系統、札幌駅前~北5条西20丁目間は58系統と同じで途中で分岐し開発建設部前、長生園前と進む。開発建設部前と長生園前は54系統経路変更によって消滅となる。こちらは日中1時間に1本と今回の廃止路線の中では本数が多い路線だったが大半の区間が58系統でカバーできるため廃止に追い込まれた。ちなみに54系統そのものは廃止にならず実質上58系統の派生系統となる。新路線の項目で後述する。
・循環寒46系統(発寒駅南口→新陵中学校前→発寒駅北口)手稲営業所管轄
発寒駅から近辺の住宅地は循環して駅に戻る当系統、この度路線延長により宮の沢駅発着に変更される為、「循環”寒”46」から「循環”宮”46」へと生まれ変わるので当系統番号は消えることとなりました。こちらも改正後の詳しい経路については新路線の項目で後述する。

~停留所名変更~
・南大通→鉄南地区センター(管轄:厚別営業所)
・ロープウェイ入口→南19条西16丁目(管轄:琴似営業所)
・もいわ山麓駅→もいわ山ロープウェイ(管轄:琴似営業所)
・啓明ターミナル→南13条西22丁目(管轄:琴似営業所)

※啓明ターミナルの停留所名変更の上の画像において赤く示した環状通沿いの乗り場のみでターミナル側の乗り場は従来通り「啓明ターミナル」のままとなります。

~乗り場変更~
・新15系統「新札幌駅」2番乗り場→4番乗り場

もみじ台団地行の当系統の乗り場を平行運行の白28系統と統一し4番乗り場に移動。
・琴40・琴46系統「山の手高校前」乗り場移転

この2系統のみ上の図の位置に停留所が変更となります。なお、循環西20・循環西21・西21系統につきましては”旧停留所”のままとなります。

~増便~
・2系統上り平日7時台1便増便(3便→4便)
・2系統下り平日19時台1便増便(1便→2便)・22時台新設
・循環新10系統平日8時台・17時台新設
・新29系統情報大学前始発便1便新設により平日7時台1便増便(4便→5便)

 ~新15系統大幅減便~

今回のダイヤ改正で新札幌駅ともみじ台団地間を結ぶ新15系統が大幅に減便されることとなりました。管理人も今までは少し多いなという印象だったのですが、とうとう減便ということになりました。

~新路線~
・54系統(札幌駅前⇔西28丁目駅前)琴似営業所管轄

廃止となる(旧)54系統の番号を引き継ぎ新路線がこのたび誕生となります。札幌駅前~北5条西24丁目間は58系統と並走、北4条西24丁目交差点で分岐し直進、西28丁目ターミナルに向かう経路です。これまでの54系統と同じく毎時1本の運行です。今まで西28丁目駅周辺からバスで札幌駅に出るには北6条西26丁目から乗車する必要があり利用しづらかったのですが、この路線の誕生で西28丁目から乗り換え要らずで札幌駅に出られるようになります。実際のところ地下鉄で札幌駅に出る方も多いのが現状ですが、「乗り換えなし」という利点をアピールして敢えて地下鉄駅からの路線を設けたようです(→管理人の私もバスで札幌駅に出る理由の一つに”乗り換え要らず”がありますからアピールポイントには十分なると思っております)。西28丁目ターミナルでの54系統乗り場は3番乗り場となっております。
・循環宮46・宮46系統(宮の沢駅前→新陵中学校→宮の沢駅前)手稲営業所管轄

こちらも今回廃止となる循環寒46系統の発着停留所を宮の沢駅前に延長したかたちで生まれ変わりました。始発停留所が発寒駅北口から宮の沢駅前に延長されたので系統が少し変わりました。これにより発寒駅周辺住民の地下鉄へのアクセスが容易になります。デイタイムは毎時1本ペース、平日早朝は本数が多くなっております。また、平日早朝2便にのみ新陵中学校始発の宮46系統が設けられました。恐らく手稲営業所からの出庫便と思われます。

今回の改正内容は以上となります。
昨年度末の廃止路線が大量だったので今回は流石に沢山廃止とはなりませんでした。新路線も誕生するので管理人が初乗車し次第改めてレポートをお伝えしようと思っております。

本日はJHB情報二本立てで珍しく1日に2記事公開しました。
是非こちらも御覧下さい⇒【ジェイ・アール北海道バス】2016年度下半期動向まとめ(2016年9月23日~2017年3月31日)

2016年度も当サイトをご愛顧頂き誠にありがとうございました。
新年度も精進いたしますので今後とも、このしょうもないサイトにお付き合いただければ幸いです(笑)御覧頂きありがとうございました。

以上、JHBダイヤ改正についてでした。

コメントお待ちしております。是非ぜひ、お寄せください。

~お知らせ~
今年度から共同発信しているのんpapaさんと同様に「【ジェイ・アール北海道バス(JHB)】2016年度新車・除籍一覧」というページを作りました。新車導入と廃車が終わるまで更新し続けますのでシンプルかつ簡潔に今年度の車両更新をチェックされたい方は上記リンクのページを今後もご覧ください。

ツイッターは頻繁にチェックしておりますので最新情報はそちらから…。
のんpapa様のJHB情報・車両表トップページ
のんpapaさんによる「2016年度JHB新車情報」

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。